予算はどのくらい?注文住宅のお金の事

理想的な家を建てよう。

マイホームというとかつては高価な買い物といったイメージがありましたが、最近は価格の下落や住宅ローン減税の導入などによりマイホームの購入が身近な存在になりました。中でも人気があるのが理想的な家づくりができる注文住宅です。注文住宅では購入した土地に自由設計で家を建てていきますので、好きな家を建てることができます。間取りはもちろんのこと、キッチンなどの住宅設備も自由に選ぶことができますので、非常に魅力的と言えます。また多くのハウスメーカーでも優秀な設計士を数多く擁しており、顧客からのニーズに応えています。住宅展示場では実際に建築されたモデルハウスをじかに見ることができ、そのハウスメーカーのスキルや特徴を感じ取ることができます。

気になる予算を紹介します。

家づくり最も気になるのが予算です。一般的にかかる予算としては土地代、建物代及び諸経費です。土地代に関しては都会の物件よりも地方の物件の方が安く、また駅から近い物件よりも郊外の物件の方が安くなる傾向です。一戸建てを建てるための標準的な広さである150平方メートルの場合、都心部なら2000万円から3000万円、地方なら1000万円から15000万円が相場です。建物代については下請けに出す住宅会社よりも直接請け負う住宅会社の方が安くなる傾向で、標準的な2階建て一戸建ての場合で約2000万円から2500万円程度です。このほか登記代や不動産取得税などの税金、引越し費用などの諸経費がかかり、物件価格の約1割から2割程度となります。