後悔したくない!注文住宅で注意する事

住宅メーカーの声に乗せられないのが大切

注文住宅を建てるときに後悔しないようにするためのノウハウがあります。住宅メーカーに依頼して設計士に住宅を設計してもらい、これから建てる住宅に対する要望を聞いてもらいながら設計図を完成させていくのが注文住宅を依頼するときの基本です。このときに住宅メーカーの声に乗せられないようにすることが肝心と言えます。住宅メーカーとしては自社が強みとしている技術を使った住宅を建てたい、利益率が大きい設備を導入して欲しいといった要望を持っているのが通例です。その話に乗せられてしまったために費用をかけた割には使わない設備を入れてしまったり、使いづらい設計の間取りになってしまったりすることがよくあるので気をつけましょう。

家族会議を開いておくのが賢明

住宅メーカーとのやり取りをしているうちにだんだんと原案から変わってきてしまうことはよくあります。予算的に無理があるのは特によくあるパターンですが、それが理由で理想を追求できなくなってしまうと失敗するリスクがあるので注意が必要です。注文住宅を建てるときには家族会議を開いて、全員が満足するためには少なくとも何が必要かを明確にしておくことが重要になります。そして、その項目だけは予算が不足しても必ず導入するようにし、もし無理なら他の住宅メーカーにも相談するのが大切です。このようにすると家族全員がマイホーム生活を始めてから満足できるようになります。家族全員が納得できる住宅を仕立て上げるという視点が重要なのです。

ハウスメーカーや工務店が、顧客に技術力やコンセプトを見せるための資料が建築実例です。外観やインテリアの写真と、費用を紹介することが多くなっています。