注文住宅?分譲住宅?それぞれのメリット・デメリットとは

分譲住宅は安くて手間がかからない

注文住宅と分譲住宅を比較したときに分譲住宅のメリットとして挙げられるのが安くて手間がかからないことです。分譲住宅は土地の中に密集させて住宅メーカーが複数の家を建てているのが基本であり、土地を有効活用していることから安上がりになっています。また、同じ仕様で複数の住宅を建てているのが一般的で、住宅素材などの調達の交渉をしやすいことから建築費用が最小限に抑えられているのが特徴です。結果として同じ家を注文住宅として手配するよりもかなり安上がりになります。それに加えて自分で住宅設計をする必要はなく、現物を見て良いと感じたら購入すれば構いません。手間がかからないという点でも魅力に感じる人が多いのが分譲住宅です。

注文住宅は自由にデザインできる

注文住宅と分譲住宅を比べたときに注文住宅のメリットとして挙げられるのが自由度の高さです。全てを自分で自由にデザインできるのは注文住宅のメリットであり、こだわりが大きい人ほど注文住宅を建てるのに向いています。デザイナーに依頼して作り上げてもらうこともできますが、その設計図に不満があれば適宜変更してもらうことが可能です。法律上許されている範囲内であれば自由に設計できるので理想を追求しやすいのが魅力となっています。また、土地についても自分で選べるので、住みたい場所を自由に選べるのもメリットです。住宅メーカーも自分で選定できるため、好みの住宅を手に入れたいという人には注文住宅の方が魅力が大きいでしょう。

家だけでなく、マンションやビルディングをはじめとした施設の設計に関する業務を行うのが、設計事務所です